エア記帳税理士ようこ先生の金爆っぽい日々

就職氷河期無い内定〜37才税理士試験合格、40才で登録&開業した女税理士です。クラウド会計ソフトfreeeと相続が専門。趣味はゴールデンボンバーと大相撲。

金爆流「ひとり税理士」というやり方

会計事務所、税理士事務所は、大体のイメージとして、税理士が1人もしくは複数いて、職員さんたちが何人もいて〜というのを想像されるかと思います。

しかし、中には、税理士1人のみで職員を雇わずやっているところもあります。

「ひとり税理士」です。

有名なのは井ノ上陽一先生で、ひとり税理士の草分け的存在です。

 

私は井ノ上先生のメルマガを毎日読み、ブログも読み漁っています。

しばらく前に、無料のセルフマガジンを申込み、今日届きました。

f:id:aoyama-yoko:20190919215934j:image

薄い冊子ですが、内容はとても濃いもので、看板のない人間が、いかにして生き残っていくかの指針をまとめたものでした。

読み始めた瞬間に私のバイブルになりました。

 

実は私は、今年の3月に急に親の具合が悪くなるアクシデントに見舞われて勤務が続けられなくなり、予想外のタイミングで登録して独立してしまいました。

病院が遠方なこともあって、自分自身の体力・気力の消耗がひどく、とても開業の準備などできる状況ではありませんでした。

とりあえず親に最後に税理士バッジを見せたいとの思いで必死に登録しようとだけ考えていました。

 

しかし、登録したらなるべく早い段階で挨拶状だけは出して、常日頃お世話になっているお礼を伝えるべきかと思い、いざ文面を用意しようとしました。

。。。ビジネス用のメールアドレスとホームページアドレスくらいは用意して載せた方がいいのかな?と、急遽用意しました。

まずどこのホームページサービスにするか色々調べて契約し、ここまでで疲れ果てました。

 

挨拶状に載せる以上は、形だけでも内容を一通り整えよう!と思い、しかし時間も体力もなかった私は、「井ノ上先生をパクろう!」と思いました。

正直に言います。

私は井ノ上先生をパクりまくっています。

 

私の趣味はゴールデンボンバーです。

彼らは、曲作りからネタまで、「何々をパクりました」としょっちゅう言っています。

実際、彼らが披露するネタは何かのパロディであることも多いです。

ゴールデンボンバーは、パクリでいまだ生き残っています。

彼らは二世でもなく、大手事務所に属していません。

 

「女々しくて」以外で特にヒットした曲もない彼らが、何故いまだに音楽業界、芸能界で生き残れているのか。

それは、彼らのパクリ能力が非常に高いからです。

ただ誰かの真似をして笑いをとっているわけではないのです。

他人の芸を自分の芸にしてしまう。

数多くの先輩方の芸の良い部分を、いさぎよくパクって自分らのものにしてしまう。

誰にでもできることではありません。

 

ゴールデンボンバーがそれができる理由は、彼らがポリシーを持ち、いつでも自力でトコトン考え抜いて結論を出し、決してどこかに乗っかろうという甘えた考えを起こさないからです。

ボーカルの鬼龍院翔のブログは、以前は結構ツラツラと長かったです。

割と最近だとこれは少し長め。

頭を振る理由 | ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」Powered by Ameba

バンギャが頭を振る理由なんてどうでもいいじゃないですか。

振りたいから振ってるんだし。←で終わらせない、思考停止しないからこそ、自力で生き残る術を編み出せているのです。

彼らは単に奇抜なこと、バカバカしい面白ネタを毎度披露しているのではありません。

彼らなりの理論を持ち、良い意味で全て計算づくに、しかし大胆に博打を打って、やってきています。

 

私は紛れもない金爆ファンです。

この際、金爆ファンを極めて、トコトン井ノ上先生をパクりまくって生き残ろうと画策しています。

 

私のHPです

青山容子税理士事務所 - 女性税理士によるクラウド会計、脱サラ・終活相談等。全国対応可。