エア記帳税理士ようこ先生の金爆っぽい日々

就職氷河期無い内定〜37才税理士試験合格、40才で登録&開業した女税理士です。クラウド会計ソフトfreeeと相続が専門。趣味はゴールデンボンバーと大相撲。

連続ドラマを自動録画している場合の注意点

即位礼正殿の儀、なんとか録画できました。

何気なくテレビの番組表からいつも通りに録画しようとしたら、平日毎日自動録画設定している「やすらぎの刻〜道」と時間がかぶっていました。

 

仕方なく、一旦ドラマの方の自動録画予約を解除して、他局の特番を予約し、ドラマの予約は翌日から改めてスタートに設定しました。

予約リストに、特番とドラマの予約が並んだのを確認し、テレビを消しました。

 

それで、ちょうどたまたま特番開始時間に家にいてテレビをつけていたら、いきなり画面が切り替わりました。

あれ?と思いテレビ下部分のランプを見たら、録画オンになってない!

慌てて録画ボタンを押して録画を始めました。

 

どうやら、私は録画予約ではなく、視聴予約をしてしまっていたようです。。。

偶然気づいてよかった!

30年に1回くらいのレアな儀式が録画できてなかったら、ショックすぎます。

 

連続ドラマを毎日自動で録画している場合の注意

  • 番組編成で1回休止になった場合でも、録画予約は有効になっている
  • 休止の日は一旦予約を解除すれば、同時間の他の番組を録画できるようになる→この時操作に注意!視聴予約ではなく、録画予約!
  • 休止日の翌日からまた連続で予約設定する

 

まぁ複数番組録画できる機器に替えろよ〜と言ってしまえばそれでおしまいですが、そこまでしてしょっちゅう録画しまくっても結局見ないで消すような気がしますし、シンプルな機器の方が扱いやすそうですし。

 

シンプル・イズ・ベストということで。

 

プロフィール、取扱業務、お問い合わせはこちら

青山容子税理士事務所 - 女性税理士によるクラウド会計、脱サラ・終活相談等。全国対応可。