エア記帳税理士ようこ先生の金爆っぽい日々

就職氷河期無い内定〜37才税理士試験合格、40才で登録&開業した女税理士です。クラウド会計ソフトfreeeと相続が専門。趣味はゴールデンボンバーと大相撲。

祝賀御列の儀ひとり弾丸ツアーの後日談

日曜にすごい勢いで手ぶらで名古屋〜東京を往復し、あれは夢だったのではないか?と現実味の薄い水曜日を過ごしています。

昨日の真夜中、新しい会計ソフトをいじりながら、祝賀パレードの録画を延々と繰り返し流し見していて、ふと気づいたら私ちょっと映ってるじゃーんと気づいてびっくり!

f:id:aoyama-yoko:20191113180805j:image

私のいたところの右斜め、向かいの沿道にテレビカメラの櫓があったので、そこから映していたと思われます。

f:id:aoyama-yoko:20191113180816j:image

この録画は消さないでおこうw

 

録画で見ると、どの車に誰が乗っているか図で解説が出ているのですが、生で見た時は、安倍総理しか分かりませんでした。

オープンカーでないと中の様子が本当に見えづらいんです、暗く見えて。

安倍総理はしょっちゅうテレビで見るからか、雰囲気とシルエットで分かりました。

官房長官は分かりませんでした。

秋篠宮ご夫妻も残念ながら分かりませんでした。

 

パレード終わって、ほうほうの体で青山一丁目駅から半蔵門線靖国神社に参拝に行きました。

同じことを考える人は少なくなかったらしく、明らかにパレード帰りの人たちが結構いて、知らない人同士で「さっきどこで見ました?」とそこかしこで盛り上がってました。

私も知らない方に話しかけられ、その方は、自民党本部前で見て、ゆるやかなカーブの道路だったので長時間見られて大満足とおっしゃっていました。

事前に下見して一番理想的な場所と判断なさったそうです。

私は、直角に曲がる交差点は車のスピードが落ちるので青山一丁目交差点を狙ったのですが、ゆるやかなカーブで広く長時間見渡せる場所を狙う発想も今後の自分の持ち駒に加えようと思いました。

。。。いつ役立つのかよく分かりませんが。

 

私が靖国神社を好んで参拝するのは、命がけで今日の日本を作ってくれた方々に感謝する意味ももちろんあるのですが、参拝客のマナーがとても良く、礼儀正しい方が多く、参拝の作法、礼儀を見習う意味もあります。

鳥居をくぐる時、門をくぐる時に立ち止まって礼をし、拝殿前で二拝二拍手一拝をし、帰りは門と鳥居のところで回れ右して礼をする人が珍しくなく、他の神社仏閣ではあまり見られない光景だと思います。

参道のど真ん中を歩く人も少ないですし。

境内でたまたま隣に居合わせた方とお話する時も、私の経験した限りでは、丁寧で謙虚な話し方できちんとご自分の考えをお伝えになる方ばかりで、色々な意味で勉強させていただいています。

 

税理士受験生だった頃は、自由時間をほぼ勉強にあてており、なかなか外に出る機会が少なかったのですが、今は違った時間の使い方をして、なるべく色々な場所に行って色々な方々とお話させていただく学びの機会を意識的に作るようにしています。

そうは言っても今は親のことがあり、時間と体力のハンデは大きいのですが、最大限の工夫と持ち前の運の良さでなんとかしています、というかなんとかなってしまっています。

毎日「疲れた〜もうこっちが倒れそう」とヘロヘロになりながらも、何故かなんとか回っていくのは、なんだかんだ言って沢山の人に支えられ、守られているからだとありがたく思います。

 

プロフィール、取扱業務、お問い合わせはこちら

青山容子税理士事務所 - 女性税理士によるクラウド会計、脱サラ・終活相談等。全国対応可。