エア記帳税理士ようこ先生の金爆っぽい日々

就職氷河期無い内定〜37才税理士試験合格、40才で登録&開業した女税理士です。クラウド会計ソフトfreeeと相続が専門。趣味はゴールデンボンバーと大相撲。

中小企業デジタル化応援隊事業のIT専門家に登録されました

中小企業庁によるデジタル化支援「中小企業デジタル化応援隊事業」が始まっています。

私も先日、IT専門家登録をし、支援計画の作成に取りかかっています。

【公式】中小企業デジタル化応援隊事業

f:id:aoyama-yoko:20201106020647j:image

f:id:aoyama-yoko:20201106020329j:image

デジタル化したい中小企業や個人事業主と、ノウハウを持つ専門家とのマッチングを国が支援してくれます。

通常、専門家による提案や支援を受けるにはタイムチャージで報酬を支払うことになりますが、この事業を利用すればタイムチャージのうち最大3,500円/時まで国が持ってくれるため、平時よりもお得です。

どんな提案や支援ができるかは専門家ごとに異なるのですが、私の場合は小規模な法人や個人事業主の支援に特化しています。

  • クラウド会計ソフトの導入、設定、使い方
  • 郵送やメール、FAX以外で会計事務所に領収書や資料を送る方法
  • どこにいてもどの端末でも簡単に紙の資料をデジタル化し、いつでもすぐに内容を確認できる仕組み
  • ボールペンとノートがなくてもApple Pencilを使ってNotabilityで iPadiPhoneで手書きメモを取る方法、PDFに書き込みする仕組み
  • 紙に印刷しなくても書類に赤を入れる方法
  • コピー機やスキャナーがなくてもAdobe Scanで書類をiPadiPhoneでその場でPDF化、保存する方法
  • メールで添付ファイルを送るのではなくDropboxGoogle driveを使ってデータ保存、共有する方法
  • メールよりも見やすいChatWork、Slackによる社内外でのコミュニケーションの方法
  • 大量の同時進行の仕事があっても乗り切れる「ひとりカンバン方式」タスク管理術、TrelloとSlackの連動
  • 出先でPCがなくてもWord、ExcelPowerPointを編集する方法
  • FAXで返信してくださいへの対応方法
  • 物理的、時間的に訪問が難しい時のオンライン会議システムでの代替方法
  • 紙とハンコを使わない電子契約の方法

 

私自身が常日頃ひとり事務所運営の中で取り組んでいるペーパーレス・IT化の初歩的なノウハウを伝授いたします。

驚かれると思いますが、当事務所にはコピー機もFAXもプリンタもなく、領収書等をはじめとする紙類を原則としてお預かりしません。

何でも紙にする従来の事務のあり方は、紙代とインク代の無駄、保管スペースの無駄と思うからです。

開業以来、ありがたいことに沢山の仕事をご依頼いただいておりますが、コピー機、FAX、キン○ファイルの必要性を感じたことはありません。

(ただ、2020年現在、どうしても領収書類や年末調整の資料などはお客様のオフィスでの保管が必要で、電子帳簿保存法の改正を切に望んでいます)

 

ひとり社長や少人数の会社、個人事業主こそITを駆使するメリットがあります。

出先でお客様から急ぎの用件でご連絡をいただいた時、「帰ってからファイルを見て資料を確認し明日改めてご連絡します」だとどんどん急ぎのタスクが溜まっていきます。

クラウド上に資料を全て保存しておけば、iPadiPhoneのモバイル端末からその場で内容を見ることができます。

従業員を雇っていれば「担当の者にすぐに確認させて対応させます」で済むのでしょうが。。

 

私の場合、ITのおかげで職員を雇わず、テナントも借りずに業務を行うことができ、人件費や賃料などの固定費を抑えて利益率の高いビジネスモデルを実現できており、無計画ゼロスタート独立一年目から生活に困ることなくやれています。

これが昭和の時代や平成の半ば頃までだったらおそらく無理だったでしょう。

つくづく良い時代に独立できたと感謝しています。

 

何でもオンライン化すれば良いとも言い切れませんが、コロナもまだしばらく続きそうですし、対面や外出の機会が奪われても業務をまわして収益を得る仕組みは早めに構築しておいた方が良いと私は考えます。

「中小企業デジタル化応援隊事業」は2021年2月末までの支援が対象となっておりますので、お早めにご相談ください。

平時のタイムチャージで二の足を踏まれていた方にとってはまたとないチャンスで、特に普段敷居が高いと思われがちな税理士のサービスをお手頃価格でお試しいただけます。

税理士の存在が少しでも納税者の皆さまに身近に感じられる一助になればと思っています。

 

お問い合わせはこちら

青山容子税理士事務所 - クラウド会計・相続専門の女性税理士。エア記帳を推進中。

竜王戦第2局前夜祭に行ってきました

f:id:aoyama-yoko:20201029061301j:image

まさか当選するとは思わず、急遽仕事を調整して参加してきました。

将棋の豊島将之竜王にあの伝説の羽生善治九段が挑むプレミア対戦。

国民栄誉賞さまと私のような変なのが同じ空間とか大丈夫なのか?と自問自答しました。

しかも将棋は学生時代少し齧っただけで難しさに挫折しました(;´д`)

当時羽生善治さんがすごく脚光を浴びていて、将棋させたらカッコいいなぁと適当な動機で始めました(^-^;

ちなみに最近アプリで囲碁を始めて結構ハマっています。

曽祖父が囲碁が得意だったのもあってか、碁石を打っていると血が騒いで、仕事がなかったら一日中でもやってると思います(°▽°)

f:id:aoyama-yoko:20201029063045j:image

コロナ対策で、棋士との握手やサインなどはなしとのことでちょっと寂しい。

f:id:aoyama-yoko:20201029063707j:image

半年ぶりの大須

f:id:aoyama-yoko:20201029063855j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029063858j:image

会場の万松寺が竜王戦モード。

受付と消毒を済ませ、時節柄こんなスリーショットを撮影(OvO)

f:id:aoyama-yoko:20201029064404j:image

この時、他の方の撮影を買って出たところがAbema TVに撮影されていたようで、翌日Abema将棋に映っていました。

会場に入り、逆最前の席だったのですぐ後ろにカメラが(゚ω゚)

f:id:aoyama-yoko:20201029065610j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029065606j:image

テーブルには式次第とお品書き。

f:id:aoyama-yoko:20201029065938j:image

ちなみに丸テーブルに4人掛けで、上から見ると十字の形にしっかりした透明のアクリル板で仕切られていました。

で、大村知事と河村市長が登場:(;゙゚'ω゚'):

f:id:aoyama-yoko:20201029070627j:image

続いて豊島将之竜王羽生善治九段が登場!

f:id:aoyama-yoko:20201029070736j:image

大村知事と河村市長の挨拶はお二人とも生で聴くとど迫力で、これが政治家の喋りかと思いました。

特に大村知事はもっと地味なイメージがあったのでギャップが大きくてびっくりしました。

続いて万松寺僧侶による花束贈呈と記念撮影。

f:id:aoyama-yoko:20201029071742j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029071745j:image

まずは羽生善治九段から対局者挨拶。

f:id:aoyama-yoko:20201029072141j:image

豊島将之竜王

f:id:aoyama-yoko:20201029072221j:image

乾杯からの会食タイム。

僧侶の方が席に運んでくださいました。

f:id:aoyama-yoko:20201029072642j:image

f:id:aoyama-yoko:20201029072636j:image

f:id:aoyama-yoko:20201029072639j:image

ちなみに寺で食事したら箸袋を持ち帰るようにしています。

裏に大事なことが書いてあるからです。

口から食べられることはありがたいことで、残さずに食べるようにしています。(実はただの大食いですが。。)

f:id:aoyama-yoko:20201029075254j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029075250j:image

半年以上ぶりの会食。

アクリル板越しに同じテーブルの方々とお話させていただき、普段の生活では出会わなかったであろう方々との会話は刺激的で楽しかったです。

途中、抽選会が始まり、なんといきなりクリアファイルが当たりました!

f:id:aoyama-yoko:20201029073241j:image

f:id:aoyama-yoko:20201029073315j:image

仕事で使うものが当たるとか最高かよ(°▽°)

商談時のネタに使える(OvO)

抽選は進み、司会者が羽生さんの色紙の字が読めない事件が発生し、笑いの中、なんと隣の方に豊島さんの色紙が当選!

f:id:aoyama-yoko:20201029073930j:image

その後棋士によるトークショーに。

f:id:aoyama-yoko:20201029074631j:image

印象に残ったのは、

棋士は対戦後神経昂ってて眠れない。羽生さんは眠れる。

・昔は50才にもなるとタイトル戦とか無理なので引退していた。

・30才の頭脳と50才の頭脳が闘ったら普通は30才が勝つものだが、羽生さんだから可能性あって、それが如何にすごいことか。

という内容でした。

帰りに出口で扇子をいただきました。

f:id:aoyama-yoko:20201029075501j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029075457j:image

ちょうど竜のショーも見られて満足。

f:id:aoyama-yoko:20201029075635j:image

さらに山崎隆之八段に一枚いただきました。

f:id:aoyama-yoko:20201029075844j:image

そしてアーケードで広告を撮影していたら方角が分からなくなり道に迷うという私あるある。

f:id:aoyama-yoko:20201029080116j:image

そして翌日からの対戦は羽生善治九段の勝ち。

中高年の星ですね(´∀`)

受付でもらった新聞は、上り調子の30才か誰もが認める実力者50才かという内容で、大相撲の元大関魁皇が引退しそうな時の報じられ方に似ていると感じました。

f:id:aoyama-yoko:20201029081019j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029081023j:image

完全に私見ですが、ピークを過ぎてからの仕事との向き合い方こそその人の生き様と思います。

年齢とともに気力や体力はもちろん、脳も年をとります。

価値観、やり方も自分が若い頃に身につけたものを踏襲し、それが最善で絶対的なものと無意識に思ってしまいがちです。

 

私は40代になり、世間ではいい年ですが会計業界では若手の部類であり(平均年齢が60代とも言われます)、それでも自分より年下の同業の先生と接する機会があります。

10近く年齢が離れていると育った時代が違い、そもそも昭和生まれですらなかったり。

自分よりも新しい土台のもとで育ってきた方々は時に予想外の価値観や感性を持ち合わせているもので、中高年のよく知らないことでも基礎知識、常識として持っていたりします。

若者から学べることはとても多いと思います。

 

40代になったら誰でも老害紙一重で、若い人のやり方を否定するようになったら老害の始まりと思っています。

とはいえ、会計業界もですが、色々な職業が今あるのは先人たちの尽力と苦労があったからこそで、先人に感謝しつつ若者に学ぶ姿勢を持ち続けたいです。

 

羽生善治九段が対局後のインタビューで「仕掛けていくあたりはだいぶ迷ったが、思い切って行った」と語っていらっしゃいましたが、きっと若い頃とは違う迷い方、思い切り方があったと思います。

既にある自分の土台に常に新しい感性をのせていき、若い頃にはなかった境地に到達できたら理想です。

 

ところで、前夜祭の会場でグッズを購入するのを忘れ、万松寺のネット通販で勝守りを購入しました。

f:id:aoyama-yoko:20201029140027j:image
f:id:aoyama-yoko:20201029140032j:image

防水処理をして、早速スマホのストラップにしています。

 

青山容子税理士事務所 - クラウド会計・相続専門の女性税理士。エア記帳を推進中。

 

 

 

 

オンラインでお彼岸の法要をしました〜ゼロから始める喪主生活【その7】

今更ですが、1ヶ月くらい前にオンラインでお彼岸の法要をしました。

今回はお試しで合同法要を無料で利用させていただきました。

いつもお世話になっている「スマ坊さん」です。

葬儀、法事・法要のコロナ対策なら非接触型で簡単なスマ坊さん2万円~!

9/22に1日に4回法要時刻が設定されていて、都合の良い回を選んで参列する形でした。

f:id:aoyama-yoko:20201020013428j:image

今回はiPadで参列。

時間になったら再生ボタンクリックで読経動画が再生されるシステムでした。

30分ほどの動画で、20分ほどの読経を終えるとお坊さんがこちらに向き直って法話をしてくださいました。

 

今回、法話で印象に残ったことは、

・自力と他力について

・彼岸(極楽浄土)は再会の場であるということ

でした。

 

他力というのは、仏教では「仏様の力によって極楽浄土に導いてもらう」ということであり、あくまでも「行を積む=自力」を果たした上で仏様に頭を下げて導いていただくことを言うのだと初めて知りました。

理想郷にたどり着くには決して「他力本願」だけではダメで、自力で厳しい修行に耐えベストを尽くしたうえで仏様に頼るという順序を踏む必要があるということです。

これは現実の世界でも言えることで、基本的にまず自分で最善を尽くしていると不思議と物事が良い方に転がる流れができてくるものだと常々感じています。

何もしなければ良いも悪いも何も起こり得ません。

 

そしてたどり着く彼岸=極楽浄土は命が尽きたあともまた会える場所であるという考え方は、ある意味希望であり安心感を与えてくれるものです。

信仰や精神世界の分野に依存すると色々と問題ができてくるわけですが、何事もバランスが大事であり、現実的な世界を泥くさく生きていく中で神仏に祈る時間を作って大きな流れの中で生き方を考えてみるのもそれはそれで良いのではないでしょうか。

 

最近特にコロナ禍であまり気軽に外出できない中で、僧侶という職業の方のお話をオンラインで聞くことができ、多忙なリアル生活の中のオアシスを見た気分になりました。

感染症を避けたい、多忙で寺に行けない、足腰が不安など理由を問わずオンラインでの法要は私はアリだと思います。

神仏に祈る気持ちが多少でもあれば手段は何でもいいのではないでしょうか。

 

色々な考え方があるのでしょうが、ご利益ばかり求めて「他力」をひたすらに期待するのではなく、自分の心の内を振り返る時間を持つことが神仏に祈ることではないかなと私は思っています。

ご利益ご利益とお参りしまくっていると本来の仏教の考え方から外れていき、自分にご利益をもたらしてくれるならばその相手が神仏でなくても構わなくなってしまうのではないでしょうか。

金儲けをさせてくれさえすればマルチだろうがよく分からない組織だろうが何でもいいという風潮がコロナ禍において散見され、余計にそういうことを考えてしまいます。

お金はもちろん大事です。

しかし、お金に対する姿勢はもっと大事です。

会社の行く末は経営者の経済観念次第、個人事業主はなおさらです。

 

青山容子税理士事務所 - クラウド会計・相続専門の女性税理士。エア記帳を推進中。

 

 

 

イマドキの初盆〜ゼロから始める喪主生活【その6】

8/11放送の関西テレビ「放送ランナー」をご覧になっていただきありがとうございました。

 

東海地方では視聴できませんでしたが、SNSで無事放映されたことを知りました。

 

その後、放送内容がネットニュースになっていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1dcb86ee3d1846d11c1b1c65f356caff7ac5a89

 

↑を読んで、私の伝えたかったことが伝わっている!と感無量でした。

取材時は、どうやら局の作りたい番組内容、ほしいコメント内容と、私がメインで言いたいこととは方向性がちょっと違うのかな?と思ったりしましたが、記事を読む限り、そこはうまく折り合いがついている!と感じました。

 

放送の数時間前まで電話での打ち合わせがあったりなど、番組を作る現場の人も大変だなぁと思いました。

放送時間が当初の18時台予定から17時台予定になりましたとご連絡いただいた時、「あっそうなんですね〜」くらいにしか思わなかったのですが、

後から吉村大阪府知事の生出演の時間の関係らしいと気づき、いやまさか私が間接的にあの吉村知事のスケジュールに影響を受けるとは思わず、不謹慎ですがとてもおもしろかったです。

 

今回は税理士業での出演ではなく、広告効果が得られるわけではありませんが、メディアの取材を受けるとはどういうことかを垣間見る貴重な経験となりました。

アナウンサーの方とのやり取りは、適切なことを適切な話し方で話すことの難しさを痛感しました。

日頃zoomは使い慣れているのですが、テレビ収録となると全く別物でした。

自分で鏡に向かって話すのとも全く違います。

ぶっちゃけルックスも含めこれから努力すべき点が非常に多いと感じました。

テレビのコメンテーターさんたちの凄さがよく分かりました。

特に生放送。編集できないので。

 

さて、初盆法要は8/1に済ませたし、マンションで狭いからもう何もやらなくていいかなぁと思っていたところ、直前になって、イオンの食品売り場でお盆用品のミニセットが販売されているのを見て、急遽色々購入して、できる範囲で一通りやってみようと思い立ちました。

 

まず、プラスチック製のナスの馬とフルーツ盛り合わせを購入。

f:id:aoyama-yoko:20200824181225j:image
f:id:aoyama-yoko:20200824181229j:image

飾るとこんな感じ。

f:id:aoyama-yoko:20200824181855j:image

ちなみにプラスチック製の野菜盛り合わせバージョンもありました。

来年は野菜バージョンにしようかな。

 

迎え火・送り火用の木が付いていたので、えっどうしようどこでやるの?と思いながら、ウンウン考えて百円ショップで蚊取り線香用の缶を購入し、AmazonでUSB電子ライターを購入。

f:id:aoyama-yoko:20200824181600j:image
f:id:aoyama-yoko:20200824181605j:image
f:id:aoyama-yoko:20200824181609j:image

電子ライターは、大きめの炎を起こすのが意外と難しく、しかも木に燃え移らせるのに手こずり、全部燃やすのに2時間くらい格闘し、煙を吸い込んで悪戦苦闘しました。

マンションの共用部のアスファルトや公道のアスファルトを焦がしたり汚してはいけないと思い、缶の中でこじんまり燃やしました。

 

昨今は昭和の頃と違い、道も舗装され、都市部で賃貸住宅に住む生活スタイルの方も増えています。

祖母がしていたように大きな机にお膳を3つ並べて毎食おかずをお供えし、本物のナスとトウモロコシの髭で馬を作り、家で作った野菜や果物を沢山お供えし、仏具もお盆専用のものをあれこれ用意して〜ということは私には難しいです。

この猛暑の中、ナスとか1日でヘタりそうですし。。

桃とか瞬殺な気が(´Д` )

 

しかし、イオンやAmazonで簡易的でコンパクトなものを購入して、それらしいことをすることはできます。

オンライン法要にしろ、わざわざそこまでしてやらなくても済むものですが、年に1回、こういう形で故人と交流した気分になるのも悪くないです。

肉体的な死を迎え、火葬を終えてしまうと本当にその人は目の前からいなくなってしまいます。

 

家族は「あぁこれで色々楽になったな〜(故人も自分も)」と思いつつ、いなくなった現実が日常の中で当たり前になるのは時間がかかったりします。

祖父母が亡くなってから25年ほど経ちますが、いまだに「祖父母ならどうするだろう」「祖父母に見せたい、聞いてもらいたい」と思う時はいまだにあります。

その度に「もう死んじゃったからいないんだ」と納得するのですが、一抹の寂しさもあり。

こうやって、年に一度故人をお迎えし云々を、ごっこ程度でもしてみると、故人は自分の中で生き続けていると感じられると私は思いました。

 

自分に負担にならない範囲内で、これからも少しずつ、時代と生活スタイルに合ったやり方での供養を試みて、またご紹介できたらと思います。

 

プロフィール、取扱業務、お問い合わせはこちら

青山容子税理士事務所 - クラウド会計・相続専門の女性税理士。エア記帳を推進中。

 

 

突然ですがテレビに出ます

‪【テレビ番組の収録をしました】‬

‪オンライン法要の件で取材を受けました😌(not税理士業)‬

‪8月11日(火)16:45〜19:00‬
関西テレビ放送「報道ランナー」‬

‪※お住まいの地域のテレビ番組表をご確認下さい。‬
‪※番組編成の都合により放送日時が変更になることがあります。‬

オンラインで初盆法要をしました〜ゼロから始める喪主生活【その5】

本来ならとっくの昔に納骨を済ませ、初盆法要は納骨堂に万事おまかせ(^_^)v だったはずですが、

コロナがまたとんでもない状況になり、参列者と相談の上、納骨がいまだに延期中。

 

全国初の初盆クラスターになっては大変!ということで、今回もスマ坊さんでオンライン法要をしました。

葬儀、法事・法要のコロナ対策なら非接触型で簡単なスマ坊さん2万円~!

 

前回のスマ坊さん四十九日法要は静止画で、今回の初盆法要は動画+宗派指定+法話バージョンにパワーアップした法要にしてみました!

参列者と打ち合わせのうえ、15時ちょうどに各自自宅でURLをクリック。

f:id:aoyama-yoko:20200801184406p:image

都合によりお寺さんのお名前等は伏せさせていただきます。

このスクショだけ見ると静止画バージョンとの違いが全くわからないのですが、実際動画をパソコンで再生してびっくり!

本当にお坊さんが目の前に登場してきて読経、こちらに向き直って語りかけるように法話をしていただいているかのようでした。

少し前にパソコンを買い替え、奮発して4Kにして良かったと心から思いました。

4Kの迫力は相当のものでした!

(動作確認の試聴時は古いPCだったため、あまりにも見た目が違って4Kに金かけて良かったと本気で思いました。)

f:id:aoyama-yoko:20200803033145j:image

PCの画面をお見せできないのが残念なほどリアリティがあり、荘厳な仏具にも圧倒されました。

読経も決して使い回しではなく、戒名、俗名、命日等織り込まれており、

動画でもお坊さんの手元に白木位牌の板バージョンみたいなの(呼び方分かりません)が見え、完全オーダーメイドの動画でした。

 

自宅にお坊さんを呼んだり、参列者を招いたりするとそもそも何日も前から掃除だの仏具の準備だの大変ですし、

喪主の立場だと挨拶や振舞いなど特に人に気をつかいまくって故人へ思いを馳せることは二の次になりがちな面はあるかと思います。

しかし、スマ坊さんを使えば、家に誰も招かずにただスマホタブレットかPCさえあれば法事を執り行うことができ、喪主も供養に集中できます。

法事の本来の目的は故人を悼み祈ることですから、スマ坊さんはある意味供養の本質を極めているとすら私は思いました。

 

コロナも天気も服装も気にせず、ただ画面に向かってひたすら故人を想う、傍から見れば馬鹿げているのかもしれませんが、今回の22分間の読経と法話の時間は私にとっては必要な時間でした。

 

読経後の法話で、お坊さんが仏教の逸話を引き合いに出しながら「故人様がしたくてもできなかったことを生きている人がすることが供養になります」とおっしゃっており、まさに私はこれを聞きたかった!と胸が救われる思いがしました。

母は1年ほど飲まず食わずで、しかも倒れていた時の状況が夕食前だった様子で、お腹がとても空いている状態のままになってしまったことを私はとても悔いていました。

病院で何度「喉に詰まってもいいからせめて一口食べさせたい」と思ったか分かりません。

今回、スマ坊さんがきっかけで「じゃあ私が好きなものを好きなだけ食べればいいじゃーん(^-^)v」と思えるようになり、本当の意味での供養は遺族の心の整理も含むのではないかなぁとぼんやりと感じました。

 

法事をオンラインでしようと思ったきっかけは、私自身が税理士業をほぼフルリモートで営んでおり、初回面談から決算報告に至るまでオンラインでも対面と変わらないやり取りができており、世の中オンラインでできることは意外と多いのでは?と考えたことから始まりました。

法要も必ずしも物理的に全員集合でなくても良くね?どこかそういうのやってないかな?と思っていたらたまたまTwitterでスマ坊さんを知り、利用させていただきました。

 

結果として、お値段以上の満足感があり、私は自信を持っておすすめできると感じました。

メリットばかり並べ立てていると嘘くさいのでデメリットをあげるとすれば、法事終了後にテレビ局の方を通してお聞きしたことですが、「お寺さんがご遺族の方々に動画に込めた思いをちゃんと伝えられただろうか?と心配なさっていた」とのことでした。

無問題!没問題!メイウェンティー!と私はお答えしたいです。

むしろ同じ場にいないからこそ伝わった想いというものもあると実感しています。

 

。。ただ、亡き母自身があちらでどう感じているかは知る由もないですが。。

多分「またこの子はとんでもないことを考えて(´Д` )」と呆れているのではないかと。。

祖父は苦笑してそうですし、祖母に至ってはあちらで卒倒して救急車(そもそもあるのか?)騒ぎになっているかもしれません!

でも大丈夫よ!没問題!メイウェンティー!と何故か中国語モードで謎の自信家に成り果てております。

 

これからも喪主様向けの情報を、税金のこと以外でも役立つものを随時ご紹介いたします。

 

プロフィール、お問い合わせなどはこちら

青山容子税理士事務所 - クラウド会計・相続専門の女性税理士。エア記帳を推進中。

納骨堂の選び方〜ゼロから始める喪主生活【その3】

どうせ買うならまだ元気なうちに墓なり納骨堂なり買っておきましょうという話ですが、

理由としては

  • 相続税の節税
  • ご家族の葬儀後の負担軽減

が大きいです。

 

相続税の節税に関しては、色々なウェブサイトで書き尽くされている感があるので、あえて今回は触れません。

いつか書くかもしれませんが。

 

ご家族の負担軽減に関しては、これは私としてはお金云々よりも実は大事なのではと思っています。

葬儀をすると墓や仏壇のセールスの電話やら手紙やら色々来ます。

生前に何も考えてなくてこの段になって初めて検討し始めると、やはりどうしても

冷静でない頭で高額な買い物を迷う展開になり、ただでさえ慌ただしい喪主生活に加え

プレッシャーの種を増やすことになってしまいがちです。

相手は営業のプロですからそれなりに手強いですし。。

生前に本人が納得して購入しておいてくれれば、家族としてはそこに納骨する手筈を整えればよく、

対外的にも家族内でも「故人の希望で」で済み、ある意味簡単です。

 

では墓や納骨堂はどうやって選んだら良いのか?を今回は私の体験をもとに書きたいと思います。

 

ちなみにうちは墓ではなく納骨堂を選びました。

墓にしなかった理由は、

  • 墓参りか代行サービスで墓を綺麗に保つ必要がありめんどくさい
  • いつか墓じまいする時にまとまった費用がかかる
  • 結局買った後もなんやかやでお金かかるしめんどくさい

世の中には墓参りを生きがいにできる方もいるでしょうし、マメな方は特に負担に感じないのかもしれません。

しかし私はめんどくさがりなので。。

 

納骨堂も実は様々なタイプがあり、購入後も定期的にいくらかの支払いが必要なものや、

33回忌で合祀する時に費用がかかるものもあります。

何ヶ所か資料を取り寄せて見学に行き、見積もりを取ってよく考えてから契約することをお勧めします。

 

候補となる納骨堂の見つけ方としては、

  • 気になる近場の寺に直接電話して聞いてみる
  • 「納骨堂+地域名」でググる
  • 知り合いに聞いてみる

という手段が考えられます。

私としてはググるのがお勧めです。

例えば納骨堂のポータルサイトなるものがあり、そこから見学予約して

契約に至ると商品券がもらえる場合もあります。

 

何ヶ所か見学に行き商談をしてみると、納骨堂ごとに特色があるのがよく分かりますので、

ご本人とご家族のニーズに合っていると感じられる所と契約するのが理想的かと思います。

 

比較の際のポイントとしては、

  • 立地→たまにはお墓参りしたい場合、ご家族の自宅から遠すぎたり、駅やインターから遠すぎると不便に感じることも。。
  • 売れてそうなイケてる納骨堂か→納骨堂も商売なので倒れる危険性も。。33回忌までに倒れられたら骨をどうするのか想像しただけでもめんどくさいです。見学の際にさりげなく全体を見回し、「何々家」と刻印してある数が全体の何割くらいかと売り始めてからの年数を考慮して、明らかに売れてるペースの遅そうな所は避けるのが無難かも。。
  • 購入後に更に支払いが発生するか→年いくら、33回忌でいくら等、購入後の維持管理の費用の有無を必ず確認。33回忌までにひょっとすると家族も被相続人になってしまうこともあるため、そうなった場合どうするかも含めて考える。
  • 何人分入れるのか→後から自分も入りたいなら2人分以上で申込むと割安になることも。4人まで入れるタイプもあったりする。
  • 納骨後の供養の方法→寺院の敷地内の納骨堂は僧侶が毎日お勤めしてくれたりする。希望によりお盆、お彼岸、何回忌法要をオプションで頼めることも。
  • 金額とうちのニーズのバランスが取れていると感じられるかどうか→安ければ良いとも言い切れないし、高ければ大満足かと言うとそうでもない。最終的にはお金であってお金の問題じゃないということにどこで折り合いをつけるかということ。

 

ぶっちゃけ納骨堂の値段はピンキリです。

高くても安くても買う人はいるわけで、じゃあうちはどこで手を打つかという話です。

同じ価格帯でも色々違いますし、こればかりは実際に見学して商談してみないと

一概に何円くらいのがいいですと言えるようなものではないことがよく分かると思います。

 

ちなみに営業担当も納骨堂ごとに個性豊かで、

  • 真面目で地道で親身な営業トークに徹する、おそらく所謂「いい人」
  • 開口一番にこちらの懐具合を探ってくる現金な人
  • 「今日、お客様だけに特別にこの部分をお値引きさせていただきます」と小声でささやいてVIP感を演出する人

などなど、不謹慎かもしれませんがどの方も話していておもしろく、

大いに営業の手法の参考になる展開ばかりでした。

んで、うちが結局どの営業担当から買ったかと言うと「超現金な営業担当」でした。

最初は「なんつー失礼で品のないトークや(;´д`)」とドン引きしましたが、

色々比べてみて、「あ〜裏表あんまりなさそうでいいかなぁ〜思ってることそのまま単刀直入に聞いてくれる人の方が楽だわぁ」と思いました。

個人的に、上品ぶってる人や紳士淑女ぶってる人ほど信用できないと思っているので。

だからいろんな意味で金額の問題じゃないんですよねぇ(´Д` )

でも金額の問題ですけど(´Д` )

 

納骨堂選びに迷ったら、単発でご相談に応じます。

オンライン相談可です。

お問い合わせはこちら

青山容子税理士事務所 - クラウド会計・相続専門の女性税理士。エア記帳を推進中。